キメが粗い原因は?



肌のキメを整える相談窓口~今さら聞けないキメの悩みを徹底解剖!



肌のキメを整える相談窓口 » キメが粗い原因は?

肌の状態によってキメが粗くなったり、乱れてしまうらしんですけど、実際どんなことがキメに影響してくるんですか?

ピーリングなど角質ケアが肌のキメを乱す原因に。

肌のキメが乱れる一番の原因はターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーは遅すぎると潤いが失われたり、古い角質がいつまでも排出されないためくすみがちになるなど問題が起こることは有名ですが、 逆に早すぎても成熟していない角質細胞が肌表面にでてきてしまうので十分な細胞の働きが期待できず、やはり肌トラブルの原因になります。

どんどんスクラブやピーリングなどを利用して肌の新陳代謝を早めたほうが肌のキメもよくなるようなイメージがありますが、 実際は早すぎても遅すぎてもダメで、肌表面が不均一になってザラつきが目立ち、肌のキメが乱れてしまう原因になります。

シミやくすみといった美白の悩みを抱える方や毛穴やニキビなどの悩みがあって毛穴詰まりを防ぐために、週1~2回の角質ケアが習慣になっている人も多いと思います。

しかし、スクラブやピーリングで無理に角質を落としていることで、肌のキメが乱れるばかりでなく、成熟していない角質細胞が肌表面にでてきてしまい、肌のバリア機能を低下させて乾燥の原因になっていることがあるので注意してください。

それからもうひとつ覚えておきたいのが皮脂の酸化がターンオーバーを早めてしまうことがあること。

もともとオイリー肌の人は皮脂分泌が過剰で開いた毛穴が目立つということがあってキメが粗くみえる傾向があります。しかし、それ以上に心配なのが皮脂が酸化してできる過酸化脂質などの刺激物質のせいで ターンオーバーが異常に早くなってしまうことがあるということです。

当然これはキメをさらに粗くし、乱す原因になるのでオイリー肌の人はもちろん、そうでない人も過剰な皮脂と皮脂の酸化は肌のキメを乱す大敵だと認識しておく必要があります。

肌のキメは摩擦で乱れてしまう

肌内部の再生サイクルの異常だけが肌のキメを乱す原因ではありません。

ほとんどの人が気づいていないと思いますが、顔をタオルで擦るということだけでもキメは乱れてしまいます。それだけデリケートなものなんですね。

スキンケアの基本原則としては「とにかく肌を擦ってはいけない」ということがありますが、それは肌を擦った摩擦によって肌内部で炎症が起きてしまったり、 メラニンが発生してしまうからです。シミや肝斑がある人はより悪化するといわれていますよね。

それと同じように、肌のキメも肌を擦ることで、「なくなってしまう」ことがあります。

もちろんこの程度のダメージは一晩寝れば寝ている間の肌の修復で回復すると思いますが、 毎日のように肌を擦るスキンケアを朝晩続けていれば、そのダメージも蓄積されるでしょうからチリも積もれば何とやらという話です。

肌をこすることで微弱な炎症が肌内部で起きてしまったその影響が皮溝や皮丘に出てこないわけがないので、肌のキメに影響するのは間違いないと思います。 とにかく顔を拭くときも化粧水や美容液を塗るときも肌をこすらないように気をつけてください。

腫れ物に触るような感じで、ピアノタッチでやさしくスキンケアすることが肌のキメを維持するだけでなく美肌にとっては大切です。