肌のキメとは?



肌のキメを整える相談窓口~今さら聞けないキメの悩みを徹底解剖!



肌のキメを整える相談窓口 » 肌のキメとは?

規則正しい肌のキメこそ美肌の象徴です。

キメは肌状態をあらわすバロメーター

老眼がはじまっている人にはちょっと難しいかもしれませんが手の甲をよく見てみてください。肌表面に網目模様のような凸凹があることがわかると思います。

肌表面を走る細い溝を皮溝(読み:ひこう)、皮溝に区切られた三角形やひし形の盛り上がりのことを皮丘(読み:ひきゅう)と呼び、 この皮溝と皮丘がつくりだす網目模様が規則正しく並んでいて、なおかつ三角形やひし形のひとつひとつが小さく細かい肌をキメが整っているとかキメが細かい肌といいます。

日常会話のなかでは、基本的にあの人はキメがキレイだとか細かいというのは肌に凹凸がなく、ツヤがあってすべすべしている肌のことを指しますよね。

キメが整っている肌というのは肌表面がツルンとして見えるだけでなく、多くの光を取り込んで反射してくれるのでキラキラ輝いてみえるせいか透明感もあります。 キメが細かい肌ほど肌表面の質感がなめらかなんですね。

そんな肌のキメですが、ターンオーバーが乱れていたり、肌が乾燥していたり、皮脂分泌が多かったりすると、キメが乱れてしまったり、 粗くなってしまうため肌表面の質感がザラッとした感じになり、透明感も失われてしまいます。

トラブルのない肌は均一な三角形やひし形がキレイに並んでいますが、乾燥肌はつっぱってしまうせいか皮溝が一方向に流れてしまいがちで、 オイリー肌は皮脂分泌のせいで皮丘と皮溝の交差する点にある毛穴が広がってしまうため網目模様が粗くなってザラザラした感じになってしまいます。

肌のキメは皮丘と皮溝によってつくられる網目模様が均一で規則正しく並んでいること、そして皮溝が深く細かく、皮丘に弾力があって盛り上がっているのが理想です。 絹と麻の布地を比べればよくわかるようにキメが細かいほど表面はなめらかなうえ光沢もでてきます。

よくある肌のキメに関する勘違い

ツルツルしている肌はキメが整っているかと思いきやそうとも限りません。

例えば皮溝が浅い肌もつるつるテカテカしていることが多いんですが、皮溝が浅くてのっぺりしているとその分、伸び縮みができないので柔軟性に欠けます。 また、肌の弾力が低下することでも皮溝が浅くなるので肌老化の兆候であることもあって要注意なんですね。

キメが整ってすべすべなめらかな肌とキメがなくなってつるつるテカテカになっている肌は違います。

特に年配の女性の肌は一見すると、毛穴も目立たず、すべすべなことがありますが、実は加齢とともに皮溝が浅くなり、間隔も広がって凸凹がまるでないのっぺらぼうになっているケースがよくあります。

老化や弾力低下の影響でつるつるテカテカのっぺりした肌になるんですね。これを肌のキメが整っている証拠だと勘違いしないことが大切です。

皮溝はきちんと深さがあり、皮丘がしっかり盛り上がっていて凹凸が明瞭であるほうが肌のキメとしては健康的ですし、理想の状態です。

キメが整っているからすべすべなめらかなのか、それともキメがなくなってつるつるテカテカになっているのかをどうやって見極めるかというと自分の二の腕の内側の状態と比べるとわかりやすいです。

二の腕の内側の皮膚と同じようなふんわり感のあるなめらかさがあれば問題ないと思います。