化粧ノリが悪い・化粧崩れ



肌のキメを整える相談窓口~今さら聞けないキメの悩みを徹底解剖!



肌のキメを整える相談窓口 » 化粧ノリが悪い・化粧崩れ

化粧ノリが悪い&化粧崩れしやすいという場合、肌にキメがなくなって肌表面がつるつるになっているケースが多いです。

化粧ノリの悪い肌、化粧崩れしやすい肌

キメが乱れていると、とにかくファンデーションがのりません。

ファンデーションは皮丘の部分にのるのですが、キメが乱れていて皮丘の大きさや高さがバラバラだとファンデーションをつけてもムラができてしまうのでなめらかに仕上がらないんですね。

また、キメが見えないほどつるつるの状態になっていると薄く均一につけられるどころかファンデーションがすべってしまって毛穴にたまるので毛穴落ちが目立つことのほうが多いです。

化粧崩れにかんしてもキメのないつるつるになった肌はファンデーションが密着してくれないので、どうしてもヨレやすく、崩れるのが早くなります。

化粧ノリが悪いとか化粧崩れしやすいという場合、ファンデーションが悪いのではなく、肌に問題があることのほうが圧倒的に多いので、 「汗や皮脂に強いベースメイクアイテムはないかな?」と色々探すよりもまずは肌のキメを取り戻すほうが先だということです。

おそらくほとんどの方は毎日メイクをすると思うので、そのときに化粧ノリがいいか悪いかの判断はつくと思います。 化粧ノリが悪いと感じた時点で肌のキメが危機的状況になっていると考えられるので、できればクレンジングを使わないで落とせるレベルのメイクに留めておくのが理想です。

肌のキメの回復にはクレンジングをできるだけ避けたいというのがその理由です。

肌のキメが乱れているときのベースメイクのコツ

化粧ノリが悪いとどうしてもファンデーションも厚く塗ってしまう傾向がありますが、それはNGです。

厚塗りすると余計に肌が乾燥してしまうので皮脂の分泌が多くなってしまうので化粧崩れの原因になってしまいますし、それより何より肌への負担が増すだけですから 肌のキメの乱れにもつながってまったく問題が解決しません。

肌のキメが乱れているときのベースメイクは難しいのですが、ここ最近人気の乾燥肌・敏感肌用の保湿力の高いBBクリームを使ってみるといいかもしれません。 うるおいを与えることで一時的にキメがよくなる効果が期待できますし、肌への密着&カバー力が強いからです。

他のBBクリームと比べて敏感肌ブランドから発売されているBBクリームは保湿成分としてセラミドが配合されているので保湿力が高いのが特徴です。 そのため化粧ノリや化粧崩れの問題を多少は緩和できると思います。厚塗りにならない点も◎

もちろん、ベースメイク前に保湿成分を肌に与えておいたほうがいいのはいうまでもありません。

肌のキメが乱れているときのベースメイクというのは、スキンケアでキメを整えてからというのが順番としては正しいのですが、なかなかそう悠長なことはいってられないケースもあると思います。

そういう場合は、紹介したように保湿力の高いBBクリームを活用して最低限のベースメイクをするのが肌のキメにとっては最小の負担で済むのかな?と思います。