徹底保湿でキメは2週間で戻る



肌のキメを整える相談窓口~今さら聞けないキメの悩みを徹底解剖!



肌のキメを整える相談窓口 » 徹底保湿でキメは2週間で戻る

キメを整えるためのスキンケアの効果はどれぐらい頑張れば実感できるのか、はやっぱり気になりますよね?

2週間もすればキメの変化を実感できるはず

一時的にキメを復活させることであればほんの数十分で可能です。

しかし、肌自体の保湿力が低下しているとすぐに乾燥してくるので再びキメは乱れてしまいます。整ったキメを維持しようと思ったらやはり毎日の継続的なスキンケアが必要になります。

クレンジングや洗顔をやめて、シンプルな保湿に徹する。余計なメイクやスキンケアをせず適切なお手入れを継続できれば2週間もすれば肌にも変化が期待できますし、1か月もすればなくなっていたキメが再生していることも珍しくありません。

とはいえ、やはりどの程度のキメの乱れなのかによって回復スピードは異なるようです。

キメが粗い程度であればそれこそ数週間でキメが整うこともあるようですが、キメがボロボロの状態であったり、なくなっている状態から 規則正しいキメの凹凸が並んだ肌状態になるまでとなると数か月、人によっては数年かかることもあるみたいです。

この差を生むのは、肌の再生修復力の個体差もあるでしょうし、生活習慣や長年の間違ったスキンケアによるダメージの蓄積の差も関係しています。 マッサージやスクラブやエステやなんだと頑張ってきた人ほど回復に時間がかかるみたいです。

ただ、シミやシワ・たるみなどと違ってスキンケアでは改善が不可能というものではないし、いくつからはじめても肌のキメというのは必ず努力に応じて 取り戻せるものなので諦めずに継続してお手入れできるかがすべてです。

馬油もグリシンも肌に補給する必要はない!?

肌のキメを整えるには馬油がいいとかグリシンというアミノ酸を配合した化粧水がいいといわれます。

馬油にしろグリシンにしろ肌の組成成分と構造が似ているのでそれを肌に塗布すればバリア機能が弱った肌をサポートしてくれるということなんだと思います。 実際、適切に使えばそこそこ効果も期待できると思います。

しかし、肌の状態を改善しようと思ったらやはり一番は自前の保湿成分をいかに守るか、そして育むかです。そのために一番いいのは実は何もしないことなんです。 というのも自前の保湿成分以上のものはないので、外部から何か有効成分を補う必要はないからなんです。

やらなくてはいけないのは、肌のキメの回復を邪魔するものを避けることぐらいです。紫外線や摩擦、乾燥etc...。 乾燥対策というのは何度も繰り返しになって少しくどいですが、ここではクレンジングや洗顔をやめるということです。

馬油やグリシンなどどうしても何か肌に塗りたいという場合は、必ず何もしないときと比べて肌のキメがどう変わるかというのをマイクロスコープで確認しながら行うようにしてください。

それが肌にとってベストな方法を探す一番良いやり方だと思います。

乾燥肌や敏感肌の症状があって、ツッパリ感やヒリヒリ感、かゆみなどがどうしても我慢できない場合はは敏感肌用のセラミド配合クリームかワセリンを塗ると症状が落ち着くはずです。 圧倒的にコスパがいいのはワセリンなのでどうせお金を使うのなら安全無害のワセリンがおすすめです。